暑い時でも快適に暮らすことができる魅力的なログハウス

リラックス効果が高い住宅

ログハウスに憧れているという方は少なくないでしょう。北欧などの地域においてログハウスにて暮らしている人たちを見ると、自然と仲良く暮らしているイメージがあり、特に都市部に暮らす方からすると、温かみのある暮らしに見えるものです。ログハウスの魅力はたくさんありますが、中でも癒しの効果は高くなっています。自然の木を利用した住宅での暮らしは、常に森林浴をしているようなイメージがあり、住宅そのものが生きていると感じられるような暮らしです。 自然の木を利用しているので、住宅内部の空気はフィトンチッドという樹木が出す物質であふれています。このフィトンチッドという物質は癒しの効果、リラックス効果があるとされており、鉄筋コンクリートのマンションなどとは違い、芯から気持ちよく過ごせるようになっています。森の中に入ると大きく深呼吸したくなるものですし、気持ちがいいと感じるものですが、まさしく、ログハウスの中にいる時、この深呼吸したくなるような空気に触れられ、森の中と同じようなリラックス効果を得られると言われています。 自然の木というのは年輪や木目があり、一つとして同じ物は存在しません。こうした年輪や木目から得られる1/fゆらぎ、自然の中で得られるのと同じようなゆらぎが、人の心をリラックスさせるとも言われています。1/fゆらぎというのは自然現象の中でしばしば見られるもので、ピンクノイズと言います。この1/fゆらぎを例えると、ろうそくの炎が揺れるさまや、小川のせせらぎの音、また人の心拍数、ホタルの光り方等があります。このゆらぎの効果が自然の木で作られた住宅に存在し、人の心をしっかりとリラックスさせてくれます。 この他にも、繊維質が多く森の中でも自然と呼吸をするように成長する木々を利用することによって、断熱性能、蓄熱性能に優れていると言われ、天候や季節の気温の変化に合わせ、湿度調整、適温調整等も行う働きを持っていると言われています。酷暑となることが多い日本で暑いと感じられる真夏は、こうした住宅でもエアコンが必要となりますが、それでも室内を快適な環境に保つ能力を持っているので、光熱費を削減できるということにもつながります。

暑い夏を乗り越えるために上手に自然木と付き合う

ログハウスの特性の中には吸湿作用があり、鉄筋コンクリートのマンション、また最近の高気密高断熱の住宅と比較すると、快適に過ごすことができると言われています。日本はかなり湿度を感じられる国で、世界各国から訪れる観光客の人々も、湿度も気温も高い日本の夏に暑いとびっくりする方が多くなっています。しかし湿度調整をうまく行ってくれる自然木を利用した住宅は、他の建物と比較して快適に過ごせるという特徴があり、エアコンを利用しても光熱費はその他の建物よりも低くなります。 また夜寝る時などエアコンを1時間ほどまわしてから寝ると、その後エアコンをストップしても涼しく眠ることができます。これは一度冷えるとなかなか暑くならないという特性が活かされていることで、温度が適度に下がった状態を保ってくれるので、エアコンをつけっぱなしにしなければ眠れないという都市部のマンションなどとは違い、かなり快適に睡眠できるようになっています。これは大きなメリットと言えるでしょう。 ログハウスは夏場でも暑くならないといわれていますが、地域やその時の気温により、どうしてもエアコンが必要という場合もあります。避暑地で夏場、都市部よりも気温がかなり低いという場所の場合、エアコンをほとんどつけることなく過ごせるとされていますが、やはり日本の異常な暑さの中、現代はエアコンを上手に利用しているというご家族が多いようです。こうした自然木の住宅の特性を理解していれば、どうしたら適温で気持ちよく過ごせるのかが分かってきます。特性を理解し上手に住宅と付き合っていくことが大切です。

構造強度が高く火災にも強いと言われる住宅

自然木で家を建築することを考えると、多くの方が心配するのが火災です。確かに木材を利用した場合には火が付けばすぐに燃え広がりやすいと考えられますが、一定以上の厚みを持った木材は炭化した部分が防火壁となるので、その他に燃え広がらないようにできると言われています。一定以上の厚みのログ材を使用している場合、高い耐火性能を持っているのです。 また地震が多い日本では、木造住宅で心配されるのはやはり地震に対しての強度です。東日本大震災は地震の揺れ以外、津波によって流された家が多かったのですが、もしもまたこのクラスくらいの地震が襲った場合に耐えうることができるのかという点も気になるでしょう。 ログハウスは木造住宅となるのでこの構造強度という面も重要ですが、ログ材を組み上げて建築する住宅となるため、構造強度は高く、第三者機関の試験でも国内最高レベル、耐震等級3を取得できるということで、こうした強度という面でも心配はありません。 癒しの効果もあり、森林の中で暮らせるような快適さを持っている魅力ある住宅として、ログハウスは注目されています。国内でも古民家をリノベーションをして、強固な梁や太い柱などをそのまま利用し、現代の生活がしやすいよう新しい設備を取り入れた住宅にて暮らしている方もいます。 木造住宅というのはしっかりとした自然木を使って建設することで、次世代に残すことのできる住宅です。夏、暑い時でも適度な湿度調整の中、快適に過ごすことのできるログハウスは、これから先、さらに注目される住宅となっていくことでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加