ログハウスのもつ構造的特徴とメリット

憧れの強いログハウス

子供のころからログハウスに対して夢を持っている人も多いでしょう。幼少の頃からアウトドアライフに憧れ、ログハウスに住みたいと考えるという人も少なくありません。それだけ夢が詰まっていますが、現実にするということには抵抗がある人も少なくありません。日本で建設することができるのか、構造的に問題がないのかなど、多くの疑問点を持つ人もいます。しかし実際に多くのログハウスが建てられるようになり、そのような心配もいらなくなってきています。構造的に考えた場合、木を組み合わせて作るということになるでしょう。ここにいくつもの特徴とメリットがあります。 木造ということになり、心配事になってくるのが、火災の問題です。延焼した場合に問題が出てくるということになります。一般的な木造住宅と同様の注意点となってきますが、耐火性の高さは注目するべきポイントです。木材ですので、燃えやすいと考えますが、材料としての厚みがあるのが構造的な特徴です。そのため、火がついても表面的には燃えて炭化しますが、中心部まで燃えるまでには、非常に長い時間と火力がなければいけません。キャンプファイヤーなどをしたことがある人ならわかりますが、丸太になったものを燃やしても、芯は燃えていないということを思い出す人もいるでしょう。 燃焼実験をやってもはっきりしていますが、木造住宅として、高い耐火性を持っており、準防火認定を取得できるなど、安全性の高い建築物にすることができます。緻密に組み上げていくログハウスだからこそ、安全で快適な住環境を提供してくれます。

高い耐震性を得られる理由

地震の多発する日本での住環境は、世界的に見ても高い基準で守られています。日本では何事も起きないような震度でも、世界では多くの被害を生み出してしまうことがありますが、それだけ高い耐震基準を敷いているといえるでしょう。ログハウスということで考えても、日本の木造軸組工法とは違った文化で生まれた構造を持っているため、心配するということも出てきます。しかし、これもあまり心配するようなことではありません。 ログハウスの過去の被害を見ても判断できますが、大きな被害にあった例はかなり少ないというのが現状です。構造的に高い耐震性を持っているということにつながりますが、丸太を横組みして壁構造を作っていくところにヒントがあります。相互をダボでとめていくことになりますが、一体化を図っていくことで作り上げた壁構造は、厚みもあって非常に高い強度を発揮することが可能です。ツーバイフォー住宅でも見られる構造ですが、柱と壁を一体化させることによって、構造強度を高めています。 コンクリート構造物でも見られることですが、各部材ごとに分かれているということが、耐震性的には弱点になってしまうことが出てきます。いかに一体化させるのかがカギになってくる部分ですが、それがログハウスはしっかりと出来上がっていくところが強みです。横方向に部材を重ねていくという工法的な部分も、耐震強度を高める部分といえるでしょう。横に動きが出たとしても、非常に強い力で対抗することができるからです。 頑丈な作りということでは、この部材を鋼鉄製のダボで固定していくことになるため、横方向の摩擦係数を高めるとともに、垂直方向に対する抵抗力も高めます。横方向の部材に対して、上へと積み重ねていくことになるため、荷重もかかっていくことが、構造的なメリットにもつながるため、高い耐震性を持つ住宅構造です。それも第三者機関などで実験もしているため、信頼できる性能であるともいえるでしょう。

自然の木材を使う工法だから

ログハウスの構造を考えていくと、木材を使っているということが最大の特徴です。自然の木ですから、それまでに光合成で二酸化炭素を吸収し、酸素を吐き出してきました。加工するときにも、大量の二酸化炭素を必要とするような工程が発生せず、環境に対するインパクトも高めることがありません。二酸化炭素の貯蔵量の多い建材としても考えることができるため、環境に優しい建物を作ることができます。この辺りは誤解されやすいところですが、ただ木を切っているというわけではないからです。 構造として考えた場合、細かく計算をおこなっていくことによって、断熱性も高めることができます。高い断熱性を維持するということは、それだけ暖めたり冷やしたりするエネルギーを必要としないということです。ここからも、地球の環境に優しい建物であることが分かります。 自然の恩恵も多数受けるのがログハウスです。森林浴と同様の効果を得続けていくことができる空間を作り出すことができ、リラックスできる住宅を作り上げられます。ヒーリング効果も期待することができ、生活に精神的な安定感をもたらしてくれることがあるのも特徴です。家にいながら、森の中にいる感覚になれることを考えても、安らぎを得られ魅力的です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加