ログハウスと改正された建築基準法

日本でも発展してきたログハウス

世界の住宅の発展ということを見てみると、自然の環境に合わせて作られてきたことがわかります。日本では、木造軸組工法として発展していきますが、ヨーロッパでは石材を使い現在のツーバイフォー住宅のように壁構造を中心としていきました。北欧では、石材よりも良質な木材が取れたことによって、ログハウスなどのかたちが進化していきます。北米も同様に森林地帯を抱えていたことでログハウスとして発展していきますが、文化の違いもあったことで違った発展をしていったといえるでしょう。 日本にもログハウスが伝わってくるのは必然であったといえますが、アウトドアブームとともに大きく取り上げられるようになります。丸太を組むことで作り上げていくことができるため、自然との一体感を楽しむことができると同時に、やさしさのあふれるぬくもりとともに生活できるため、大きなブームとなりました。アンティーク的な要素も日本の文化にあっていたということもありますが、アウトドア嗜好の強い地域だけではなく、都市部でも見られるようになってきたのは、建築基準法の変更もあったからです。 日本国内のいたるところで見られるようになり、市民権も得られるようになってきたともいえるでしょう。日本には、正倉院などをはじめ、名前は異なっても古くからログハウスとしての文化があったのですから、この流れは当然ともいえます。

建築基準法の改正と選択の拡大

日本では、ログハウスのことを丸太組工法と呼んでいます。これは、法的な部分も存在するため、区別して考えられている部分です。これまでの法的な扱いとしては、延べ床面積300平米以下と限定されているだけではなく、絶対高さ8.5m以下に制限されていました。さらに、階数2階以下でしか許可が下りなかった工法として利用されていたことから、それ以上大きな建物を建設することができませんでした。3階建てのログハウスとなると、建築基準法による許可が下りずに作ることができなかったからです。壁の大きさなどにも基準が設定されており、自由な建築ができる状況ではありませんでした。 この規制が変わったのが、2002年の改正です。この改正により、延べ床面積は10倍の3,000平米以下まで拡大し、絶対高さも13m以下になりました。当然2階の高さを超えることができるようになりました。屋根裏利用3階建ても建てることが可能となり、大きく様変わりしたのです。ただし、それでも厳密な規定があるため、細かで正確な構造計算が必要ではありますが、安全性の高さを確保できれば、大きな建築物も建てられるようになったといえます。 さらに重要なこととして、これまで北米的な建築である交差部が突出したログハウスしかできなかったことが、北欧タイプの突き出さないように組みあげることも可能となりました。 大きな進化ともいえますが、非常にバリエーション豊かなログハウスを選択できるようになり、本当の意味で自由設計ができるようになりました。やっと世界基準に追いついたということではありますが、安全かつ快適な住空間を作れるようになったということでも、大きな違いです。

夢をかなえてくれる建築会社で

建築基準法の改正により、ログハウスの使い方は大幅に広がりました。その中で、三階建てのログハウスが建てられるようになり、アパートのような建築物も作れるようになりました。これまでは、個人住宅などに限定するしかなかったのですが、商業施設にも活用できるようになります。従来の建築と比べても、大きな差別化を生むことができるのは、何かにつけて有利な部分です。 福祉施設や学校にも利用できることを考えると、ぬくもりがあり、安らぎを感じることができる建物にすることができ、これまで以上の活用にもつながっていくでしょう。逆に広いスペースが取れない狭小な土地の建築でも、さまざまな工法とともに建てることができるようになっています。自由設計という言葉通り、自分たちが目指す建築ができるようになったことで、ログハウスはさらに広がりを見せました。 こうしたこだわりを生かしていくためにも、きめ細やかなコミュニケーションを取ることができるかどうかが重要になってきます。建築のプロであるというだけではなく、どこまで意見を伝えることができるのか、思いを実現できるのかどうかがポイントとなります。これまでに、どのようなログハウスを建ててきたのか、展示場の見学も重要になってきます。かたちにすることができず、図面上だけでは、理解を高めていくことはできません。ここからどのような建物を作るのかということがわかりますし、打ち合わせに入ることもできるようになります。建築会社とは、建てた後も関係が続きます。 アフターサービスなども考えていかなければいけない部分ですので、保証やメンテナンスということも含めて、検討していくことが、確かなログハウスを建てる方法です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加