ログハウスで快適に暮らしたいなら虫対策は必須

魅力あるログハウス、虫対策は必須

都市部で暮らすと通勤時間が短縮にはなるけれど、それでも田舎に住宅を建設し暮らしたいと考える人が多くなっています。都市部に通勤するために1時間以上かかっても、子供たちがのびのびと気持ちよく成長できる暮らしの方がいいと考えるご家庭も多いのです。また、退職してから緑が多い所で趣味を活かしながら暮らしたいと思い、都市部から離れ自然が多いところで暮らすことを決意し、緑の多い地域にログハウスを建てて暮らすことを決意される方もいます。 自然一杯の中で暮らすときれいな空気が心への癒し効果もありますし、何より、花や草木もたくさんで人間らしい豊かな生活がのぞめます。スーパーやコンビニなどが近くにない等、都市部で暮らすよりも不便な面もありますが、時間がゆったり流れている生活には代えがたいものがあります。 都市部在住でもログハウスに魅力を感じ、住宅から自然の恩恵を受けたいと建設を検討しているご家庭も多くなっています。自然木は湿度や気温の調整をしてくれるので、快適に暮らせますし、木の香りは癒し効果が高く、都会に暮らしているのを忘れてしまうくらいにリラックスできるでしょう。 ただこうした木造住宅で気を付けなければならないのが、虫の件です。鉄筋コンクリートの住宅では、虫が内部に侵入してくるということも少なく、白アリなどの被害もあまり聞きません。しかし木造のみで建築されている住宅は、白アリなどの虫対策をしっかり行わないと、知らない間に侵食されてしまうことがあるのです。ですから、建築する際、防虫効果の高いログ材を利用することを考えるほか、業者の選定も住宅建築の実績や経験が長いところに依頼するなど配慮が必要となります。

蜂などの害虫にも対策を考えておくことが重要

ログハウスというのは現代の気密性の高い住宅とは違い、隙間がある程度できてしまいます。そのため、どこに暮らすかによっても違いがありますが、さまざまな虫が入ってくる可能性を考えて虫対策をしておく必要があります。 自然の中に暮らすということを決意した場合には、どうしても家の周囲、また中にも虫が入りこむことを頭に入れておきましょう。ただ、虫は自然にあるべきものですし、害虫についてはしっかり対策しておけば、自然の中でも暮らしやすくなっています。想像したくないでしょうが、スズメバチなどがログの隙間に巣をつくるということも少なからずあります。夏に入る時にこうした巣を作ろうとしていないか、ログの隙間などをしっかり確認しておくと安心です。スズメバチのほかにもアシナガバチなどが巣を作ろうとやってきますので、スズメバチやアシナガバチなどに効果的なグッズなどで、虫対策をしっかり考えておきます。 もしも巣がすでに大きくなっているようなら、素人では危険なので役場に連絡し、どのように対応すればいいかを聞きます。役場の方で駆除業者を紹介してくれることもありますし、駆除業者にそのまま連絡を取ってくれることもあります。人に害を及ぼす虫でなければいいのですが、蜂やシロアリなどは人と建物に害を及ぼします。面倒でも、メンテナンスや定期的な見回りなど、丁寧に行っておくと安心して住むことができます。

蟻をやっつける、予防することも大切です

ログハウスの虫対策として考えておかなければならないこととして、蜂のほかに蟻もあります。砂糖や甘い物をこぼしたままにしておくと、どこから来たのか?と驚くくらい蟻が列をなしていることがあります。 ログハウスは自然木を組み立てていく構造なので、隙間ができてしまうので虫が入ってきます。特に蟻はとても小さいのでどこからでも侵入してきます。気密性が非常に高いマンション等なら蟻が入ってくるということも少ないのですが、木造住宅はどこからか蟻が入り込むこともあります。自然の中にログを組み住宅を作って暮らすという場合、蟻以外にも虫対策が必要となりますが、既に蟻が入ってきているということならその列をたどってみます。すると、蟻がどこから入ってきているのかわかるので、その付近に蟻駆除のグッズなどを置くと効果的です。ほうきで掃くなどすればその時だけ、蟻はいなくなりますが、時間がたつとまたいつの間にか列をなして甘い物に向かって突進しているので、巣ごと退治するつもりで虫対策を考えないと退治できません。 蟻が巣に駆除餌をもってかえることで、巣を全滅させる虫対策グッズがありますので、こうしたものを蟻が侵入してきた箇所、また入ってきそうな箇所に置いておくといいでしょう。蟻が今いない、入ってきていないという場合でも、こうしたグッズを置くことで予防策となります。 自然がいっぱいの場所に自然素材を用いて建てたログハウスに暮らすということは、都市部では得られない喜びがあります。現実問題として、自然豊かなところに暮らしていれば、さまざまな虫に遭遇することもあるでしょうが、しっかり虫対策さえしておけば、発生を最小限に抑えることができるので安心です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加